予防歯科と欧米諸国の歯間メンテナンス

by author



近年は歯科の世界にも変化が訪れており、患者さんが来院して虫歯などの治療をするスタイルだけではなく、予防歯科にも力を入れる歯科医院が増えてきています。


一般的な考え方では、歯科医院へは虫歯で歯の痛みを感じてから、はじめて行くものと思っているパターンは多いです。


歯が痛くなって来院すれば、虫歯は進行している状態なので、歯医者としても削らないわけにはいきません。

人間の天然の歯は、1回歯を削るともとの状態に戻すことはできません。

その後は虫歯の度に歯を削ることになりますから、自分の歯を長く維持するのも困難となってきます。歯を削らなくても済む方法は、虫歯をつくらないことです。

葉の虫歯や歯周病も出来る前に予防が大事であり、そのためにも予防歯科は力になってくれます。

虫歯を削り詰め物をすることで、元通りになると思うとしたら、それは少し違うのです。

今までになかったAll About情報はこちらです。

歯を1回でも削り詰め物をしたら段差が生まれて、人の目ではわからないくらいの段差から、虫歯の最近は侵入して、虫歯になったり歯周病にもなりやすくなります。



スウェーデンの国では、75歳の人の平均で、なんと20本も自分の歯が残っています。

日本人よりも圧倒的に多い数です。
欧米諸国の歯を残せる為の秘訣は、定期的な歯科医院でのメンテナンスを欠かさないためです。
つまり予防歯科に力を入れているために、虫歯なども悪くなる前に発見して、削らない治療で治すこともできるわけです。

3ヶ月に1回のメンテナンスで健康な歯を維持できるならば、やって損はありません。

渋谷の予防歯科の情報サイトを利用して良かった。