インプラントなら生活の質がかなり向上する

by author



歯槽膿漏あるいは虫歯の進行によって歯を欠損してしまった人の多くが差し歯や入れ歯などを使うことになりますが、それらは硬いものを噛むことが出来ず、もし噛んでしまった場合には差し歯がとれてしまうということも多々あります。


欠損してしまった歯について良い治療方法を選択するならインプラントを選ぶのが良いでしょう。

歯槽骨の部分に歯根の土台となる人工歯根を設置してから治療をしますので、実際の歯のような感覚で物を噛みしめることができます。

インプラントの場合には歯槽骨の土台にしっかりと設置された人工歯で食事などができるので、差し歯のようにとれてしまう心配などに悩まされることがありません。保険適用外の治療なのでその治療費をすべて自己負担しなければなりませんが、一括で支払うのが困難な場合にはローンを組むこともできます。すでに差し歯になってしまっている部分に対しても治療を実施できますから、現在の差し歯をすべてインプラントに変更したいという場合でも治療を受けられます。

日本経済新聞の最新情報を掲載しています。

治療にあたっては痛みが生じないように麻酔をして行う無痛治療なども選択できるので治療中の苦痛なども和らげることが可能です。

表参道のインプラントを知るならこのサイトです。

治療費は一本あたり十数万から二十万円程度ですので数本の歯を治療するだけならばさほど費用がかさむこともありません。

インプラントを設置することで歯を食いしばる動作なども難なくこなせるようになりますからぜひインプラント治療を検討してみましょう。